ミライパパ

男目線での妊婦と猫の暮らしについて。何かお役立ち出来る情報を発信しています。

スポンサーリンク

大阪ガスから関西ガスへ乗り換えるメリットとデメリットを公開

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:ryu_turizuki:20190829214009j:plain

家計の負担になる要素の一つとして光熱費は外せませんよね。

その中でもガス代って地味に負担に感じませんか?

ガス代は夏場はまだ可愛いものですが、冬場になると電気代とともにドーンと跳ね上がることが苦痛で仕方ない。。。

しかも毎月かかってくるものですし、節約だと意気込んでもそこまで大きく下がることもないです。

 

2017年4月より「ガスの自由化」が始まり、小売事業者を自由に選べる時代になって随分と経ちました。

 

今まで「ふーん」程度にしか思っておりませんでしたが、実際に大阪ガス⇒関西ガスにするとどのようなメリット・デメリットがあるのかを調べてみたのでご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

大阪ガスとの違いは?

大阪ガスと関西ガスとの違いってそもそも何が違うのか?

 

具体的には消費者側としては正直大きく変わりはありません。

 

ガスの品質も変わりませんし、万が一ガス漏れを起こした場合は大阪ガスが今まで通り駆けつけてくれます。

 

請求先が変更されるので、大阪ガスからの用紙は届かなくなります。

 

なぜかと説明すると、そもそも「ガスの自由化」のしくみがポイントになります。

 

ガスの自由化とは

※都市ガスの場合※

 

海外から輸入

  ⇩

   貯蔵

  ⇩

気化・臭化

  ⇩

ガスホルダー

  ⇩

   調圧

  ⇩

   家庭

 

この段階を経て家庭にまで送られてきます。

この送られてくる過程に導管(ガス管)を伝って送られてくるのですが、これを長年の間大手4社(東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス)のほぼ独占市場となっておりました。

 

2017年にガスの自由化に伴って契約できる会社が自由になり、一般家庭向けのサービスを狙って関西ガスが参入。

 

しかも、ガスの導管を使って供給するシステムは大阪ガスと同じものを使用するので、安全面の心配はほとんどいりません。

 

簡単に説明すると、大阪ガスを利用されている方は関西ガスにしたところで請求先が大阪ガス」→「関西ガス」に変わることくらいの変化です。

 

 

 

大阪ガス⇒関西ガスへのメリットとは?

ここで一番気になるメリットの話をさせて頂きます。

 

プラン

  • なっトクプラン(主に一般家庭、飲食店、事務所など向けのプラン)
  • なっトクプランM、L(主に法人向けのプラン)

大きくこの二つに分けられますが、今回は家庭向けのプラン「なっトクプラン」を想定しての記事となります。

 

料金

大阪ガス(一般料金プラン)と関西ガス(なっトクプラン)の料金比較になります。

比較してみても、関西ガスの方がお得な料金設定になっています!

料金表 1ヶ月のガスご使用量 関電ガス・基本料金 大阪ガス・基本料金 関電ガス・従量料金(税込) 大阪ガス・基準単位料金(税込)
単位 1件につき
0m3から20m3まで 745円10銭 745円20銭 175円15銭 191円14銭
B 20m3をこえ50m3まで 1243円70銭 1337円40銭 150円22銭 161円53銭
C 50m3をこえ100m3まで 1249円20銭 1595円90銭 150円11銭 156円36銭
D 100m3をこえ200m3まで 1658円20銭 2021円90銭 146円02銭 152円10銭
E 200m3をこえ350m3まで 3004円20銭 3423円90銭 139円29銭 145円09銭
F 350m3をこえ500m3まで 3308円70銭 3738円90銭 138円42銭 144円19銭
G 500m3をこえ1000m3まで 6263円70銭 6818円90銭 132円51銭 138円03銭
H 1000m3をこえる場合 6573円70銭 7138円90銭 132円20銭 137円71銭

 ※エネチェンジ様より引用

 

実際に我が家の料金を比較

一番直近のもので、料金に大きな差が出にくい8月の大阪ガスの料金で算出してみるとどれくらい差があるのか算出してみました!

条件として、うちは「エコジョーズ」を利用していますので、そのプランとの比較になります。

 

8月使用ガス 13㎥ 料金3.117円

年間想定料金 46.975円

なっトクプラン適応後 43.528円

差額 -3.447円

 

ちなみに関西電気とまとめるとさらに価格は安くなります!!

 

関西電気は現在従量電灯Aというプランを使用しています。

これを「なっトクでんき」というプランに切り替えます(これも一般家庭であれば関西ガスに変更する場合は一緒に切り替えたほうがお得です。)

そうすると「なっトクでんき」+「なっトクプラン」で組み合わせると・・・

-7.571円となり、今後ずーっとこの割引は適応されると考えるといいですよね!

 

うちの場合は夫婦二人で共働きなので、極端にガスの使用量は少ないですが、これが三人家族、四人家族となると使用量も増えますよね?その分割引値も増えます。

 

平均家庭の月間使用量は31㎥でガス代だけで年間7.100円のお得になる計算です。

こちらのHPにて算出できますのでどうぞやってみてください!!

検針票のみご用意くださいね!

kepco.jp

デメリットは?

デメリットは床暖房を利用している場合は注意が必要です!!

大阪ガスで契約している場合は「床暖房」契約をしている場合は大阪ガスの方が安い場合が多いです。

hatenanavi.com

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

結果的には大阪ガスから関西ガスへの乗り換えはお得でしかない!

ということがわかりました。

 

ただし、床暖房を使用している方は注意が必要です。

 

その他の大阪ガスを利用されている方はこれを気に変更してみても良いのではないでしょうか?

 

にほんブログ村 子育てブログへ

↑ランキング参加中、応援お願いします。