ミライパパ

男目線での妊婦と猫の暮らしについて。何かお役立ち出来る情報を発信しています。

スポンサーリンク

不妊治療でのストレスは猫で解決?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

皆さんこんにちは😃

いや、タイトルかなり無理ないか?

と思われた方。

強引に進めていきますね!笑

不妊治療ってそんな簡単に「ストレス溜めないでね」なんて言われても「いや無理やろ」ってなります。

 今回はそんなストレスとの向き合い方を中心にしたテーマです。

f:id:ryu_turizuki:20190713094945j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不妊治療中のストレスはなぜダメなのか

不妊治療をしているとストレスは切っても切り離せないようなもんです。

特に治療期間が長くなればなるほど、そのストレスは増えていき、自分を責めたり、周りを妬んでしまったり、将来を考えると不安になったりとマイナス思考が働いてどんどん悪循環に陥りやすいんです💦

 

では、具体的に身体にストレスがかかるとどういうことが起きているのか?

 

ストレスは不妊と関係があることが、国内外の研究でわかってきています。その一つが、脳の下垂体と呼ばれる部分から分泌される「プロラクチン」というホルモンの影響です。プロラクチンは、出産後、乳腺を刺激し母乳の分泌を促すなど重要なホルモンですが、一方で、排卵を抑える働きがあるのです。ストレスが強いと、出産前であってもこのプロラクチンの分泌量が増えてしまうので、排卵に影響が出て、それが不妊の原因になってしまうことがあるのです。妊活中のご夫婦にとってストレスは大きな敵。リラックスできるような空間で過ごし、楽しいことを考えるといいですね。

不妊専門クリニック 「空の森クリニック」理事長の德永 義光先生のお言葉を引用

 

合わせてこちらの記事もお読み下さい👨

不妊症の半分は男性に原因ストレスや晩婚化が影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

 

これは未だに不妊治療は結構女性に目が行きがちになることが多いのですが、男性にも原因の可能性は勿論あります。

むしろ不妊40~50%は男性不妊の可能性があると言われている現代です。

しかも男性不妊の半分以上は原因不明と言われています。(これが一番やっかいなんです。原因がわからないとゴールがみえないマラソンをしているような感覚になります)

 

ちなみにですが私も不妊治療を始めた頃は原因ははっきりとわかりませんでしたが、精子に奇形が混ざっていると診断を受けました。

そこからは漢方を処方してもらい、毎日飲み続けて、徐々に奇形数は軽減していき今に至ります。この時は夫婦揃ってストレスMAXでしたね。笑

 

夫婦揃って苛立ちが出始めると、治療を続けていくことがストレスになってきます。

もういっそのこと辞めてしまおうかという話も何回もしました。

でも子供は欲しい。

でも出来ない。

なんで。。。

このループはかなり精神的に安定しません。

f:id:ryu_turizuki:20190713095337j:image

 

 

 

猫とストレス軽減

頑張って頑張ってやれることはやっている。でもそんな治療を続けているとやはり体がメンタルがもちません!!笑

 以前にも紹介をさせていただいた和尚YouTubeの大愚和尚のお言葉を聞いてふっと我に返ることもできました。過去記事に詳細載せてあります。

 

ryu-turizuki.hatenablog.com

 

 考え方を変えることが出来ると、ストレスも多少はコントロール出来ると思っています。妊娠が出来ないことで余計にプレッシャーがかかってしまうということはすごくわかります。男性からしてもそこは凄く責任感が重く、嫁さんを励ましながらも自分のせいで・・・と自分を責めてしまいます。

ただ、そのループを脱却するきっかけの一つとして「考え方」を変える。

 

ストレスによる不妊のメカニズムはプロラクチンが出る→排卵が抑制→不妊という流れが解明されています。

では逆に巷で有名になっている幸せホルモンことオキシトシンの効果はというと

オキシトシンが分泌されることで、母親は赤ちゃんを愛おしく感じるようになり、母性愛が強まるといわれています。また、愛情が深まるだけではなく、恐怖心や不安などが減少してストレスもなくなり、精神的に安定する効果をもたらすこともわかってきています。

 ※子育てハックより一部引用

 

うちでは嫁さんの希望でずっと猫を飼いたいと言っていましたが、妊娠のことを考えると中々許可を出せませんでした。

しかし、考え方を変えてからは里親になり、うちの愛ネコがやってきて、すると奇跡のように妊娠しました。(この時は結局流産だってのですが・・・)

ただ、妊娠できるんだ!!ということがわかっただけでもストレスはかなり軽減されました。そしてストレスがストレスを生むという環境が猫がいてる生活

 

これはやはりオキシトシン効果が上手く働いたおかげなのかなと思っています!

恐るべき!?オキシトシン!?

うちでは嫁さんが猫好きというのが良い方向に働きましたが

● 人に親切にする
● 家族や周囲の人にやさしい言葉をかける、かけられる
● 好きな音楽を聴くなど、心地よいことをする
● 家族に感情を発散させる
● 子供やパートナーと手をつなぐ、ハグするなどのスキンシップをする
● 犬や猫をなでる

 ※子育てハックより引用

このように方法はいくらでもあります!

それぞれに合った形でストレスを軽減できる方法を考えてみてください!!

f:id:ryu_turizuki:20190713095532j:image

↑こんなにダラダラしてたらストレスも吹っ飛びます。笑

 

 

まとめ

タイトルを強引に進めさせて頂きましたがいかがでしたしょうか?笑

不妊とストレスはすごく密接に繋がっていて、ストレスを軽減させることで妊娠しやすいことは科学的にも証明されています。

前置きでも書きました不妊治療ってそんな簡単に「ストレス溜めないでね」なんて言われても「いや無理やろ」ってなります。これは絶対無理です。

ただ、向き合い方や考え方を変えることは可能です。

うちでは猫を題材に上げましたが、皆さんそれぞれ好きなことに一度シフトしてみてもいいんじゃないですか?

PVアクセスランキング にほんブログ村